Xevo automotive software

Xevo Engine Link

車両をスマートフォンおよびクラウドと接続する

Xevo Engine LinkはネットワークおよびクラウドへのコアOTA車両接続性を提供し、ドライバーが自分のモバイルデバイスから安全にリアルタイムのデータやサービスにアクセスできるようにします。Xevo Engine LinkはOEMメーカーにとって貴重なクラウドベースアナリティクスとビジネスインテリジェンスを生成します。OEMメーカーはそれをソフトウェアの機械学習能力と併用することにより、改善し続けることができます。

BluetoothまたはWi-Fiを使用するこのソリューションは、ハードウェアシステムに埋め込まれたモジュールを介して、またはインターネットゲートウェイとしてモバイルデバイスを使用して、接続性を提供します。それを通じて、ドライバーは乗車中にナビゲーション、交通情報、ストリーミングラジオ、ミュージックライブラリなど豊富なコンテンツにアクセスできます。Xevo Engine Linkはクラウドからのストリーミングオーディオファイルのオーディオライブラリも含んでいるので、モバイルデバイスに保存されているローカルオーディオファイルの再生にも適しています。

Xevo Engine Link ソフトウェアには以下が含まれます:

Xevo MicroServer

Xevo MicroServerはBluetooth/BT Serial Port Protocol(SPP)を介して、ヘッドユニットのアプリケーションをスマートフォンのインターネットサービスに接続します。Xevo MicroServerはHTTPプロキシサーバーとして機能するだけでなく、Xevo AudioLibraryとの組み合わせを通じたデバイスコンテンツの再生も行います。

Microserver diagram
connected car expert

Local Device Playback

Local Device Playbackはドライバーのモバイルデバイス上のローカルオーディオファイルを取り込み、Bluetooth A2DPの接続を介してヘッドユニットで再生します。

Xevo AudioLibrary

Xevo AudioLibraryはOTA車両接続性を利用してオーディオファイルをクラウドからストリーミングし、Bluetooth A2DPを介してヘッドユニットでの音声の再生を可能にします。Xevo AudioLibraryは統合されたデバイスから取得したストリーミングコンテンツをXevo MicroServerを通じて再生します。

over-the-air vehicle connectivity
トヨタEntuneに採用されているXevo Engineの詳細はこちら