Hero_Graphic_Cruise

プリンセスクルーズ、魅惑の乗船客体験

クルージングを手掛ける企業として最も有名な会社として名を連ねるプリンセスクルーズは、1965年メキシコまで独身者向けに最初のクルージングを出帆しました。今日では、世界3位の運航ライン数を誇る企業にまで成長し、革新的な客船と優れた顧客サービスと名高い企業となりました。クルーズラインの始まり以来、プリンセスクルーズは、常にこの業界のやり方を修正し、今日の行楽客のニーズにこたえるための進化を続けてきました。

近年、お客様の滞船中のラグジュアリー体験をより強化してゆくための方法を模索する中で、テクノロジーの強化を決め、それが強いてはクルーズ業界内での地位を強化することだとして、Xevoとの提携を決めました。

プリンセスクルーズでは、旧大全とした客船内エンターテイメントとデジタルサインから抜け出し、乗船客の今までにないくらい最高のステイを提供するのみでなく、年々アップデートしてゆくための拡張性も兼ねそろえたプラットフォームを展開したいと考えています。

そこで、XevoのマルチスクリーンソリューションであるExperienceManagerを導入することに決めました。

乗船のお客様が滞在中のデジタルライフにおける手厚いおもてなしに感動し、プリンセスクルーズの長期的なブランドロイヤルティを確立することができている一方で、そのお手伝いを私達Xevoがさせていただいております。ExperienceManagerはプリンセスクルーズのバックエンドシステムとスムーズに統合することができております。

私共は、Xevoとお仕事して、革新的な技術やエンターテイメントサービスを乗客の皆さんとクルーに提供できることに喜びを感じています。ロイヤルプリンセスの新しいシステムは、熱狂的な評価をいただいており、これがこの業界での新しいスタンダードになりつつあります。

– プリンセスクルーズ社長、ジャン・シュワルツ

チャレンジ

客船内エンターテインメントとデジタルサイネージソリューションを会社が保有する船全体に配備するにあたっては、クルーズ業界において例を見ない、いくつかの挑戦を強いられます。会社側は、今現在のコンテントマネージメントシステム(CMS)を残し、ブランディングとメッセージングを会社レベルから行いたいと思っていました。会社側はまた、クルーに対しても乗船のお客様に対してのメッセージングの管理ができるようにしたいとも思っていました。

会社側は、航行の最中の船上でのたまにしかネットワークにつながれない環境下においても、船内のシステムに時刻や現在地、天候などの情報を提供できるソリューションを模索していました。

会社は安全管理にも満足のいくシステムが必要でした。乗船客にクルーズの始まりでは必ず安全管理ビデオを見ていただかなければなりません。客船内エンターテインメントとデジタルサイネージ表示の最中であっても、船長や乗務員の「重要な船内放送」の時には、乗船のお客様にその説明をしっかり聞いていただかなければならず、その際には乗務員側から手動での割り込みができるようにしなければなりません。

さらに、客室内でのソリューションに加え、デジタルサイネージのコンテンツを迅速に簡単に、効果的な方法でアップデートできる方法を探していました。乗船客にとってはクルーズの旅全体が夢中になるように、またプリンセスクルーズとしてはブランド力向上となるように、会社側からと船上側から同じメッセージが発信されることに挑戦していました。

結果として

プリンセスクルーズがXevoと提携し、ExperienceManagerを展開し、次世代向け室内エンターテインメントとデジタルサイネージをロイヤルプリンセスに導入したのが2013年になります。

その成功を受け、プリンセスクルーズは、2014年に4カ月という短い期間で4つのに大型船にExperienceManagerを配備しました。ロイヤルプリンセスに加え、ExperienceManagerは最近進水式を迎えたリーガルプリンセスや、ダイヤモンドプリンセス、サファイヤプリンセス、サンプリンセスに2014年の春に改造され、初めて搭載され、今日も現役で活躍しています。最後から3つの船では、ExperienceManagerが同軸ケーブルで改造されましたが、大きな問題なく他の船と同じアクティビティやビジネスを行うことができています。

今日、乗船客とクルーはビデオオンデマンド(VOD)テクノロジーを利用することができ、番組表通りのプログラムを視聴するより、自分の見たいビデオコンテンツを選択、スタート、一時停止、巻き戻しできます。音楽やニュースやアプリケーションも同じハードウエアを使って楽しむことができます。

さらに、プリンセスクルーズはデジタルサインでの乗船客の皆さんにお伝えしたい旬なメッセージを、船内を歩きアップデートして回るような手間をかけることなく、簡単にネットワーク化によりアップデートさせることができました。プリンセスクルーズのDigital Media Playerは、アンドロイドに搭載されたHTML5がベースとなっていて、コストパフォーマンスの面でも良心的で、ウェブツールにもぴったりなので、メッセージやスクリーンを簡単にアップデートできます。

ExperienceManagerの搭載により、プリンセスクルーズのクルーは、ネットワークを使って迅速に簡単に操作、スケジューリングやコンテンツを乗船客の皆様に発信することが可能になりました。船内あちこちのスクリーンには、エンターテイメントやインフォメーションがあふれていて、皆さまの船上での素晴らしい体験づくりのお手伝いをしています。

Xevoはプリンセスクルーズにフレキシブルな、オールインワンディスプレイのシステムを構築しました。これは、ダイナミックメッセージングやコンテンツのみならず、コンテンツのオープンスタンダード管理や、アプリや最新のテクノロジーに至るまでオールインワンでできるということです。インストールが容易にできるということは、インフォメーションを確実に何万人といるプリンセスクルーズの乗船のお客様に届けることを可能にします。必要不可欠な情報も、エンターテイメント情報も、ありとあらゆる情報を。

ExperienceManagerが搭載され、航行する船上で繰り広げられる旬な情報発信が、まさに最高級のおもてなしを実現できるのです。

“キャビンテレビシステム。この響きが素晴らしい。これがいかに希少なものであるかは、世界中を旅するクルーズのエキスパートならよく知っている事実です。プリンセスはこれでまたお客様のおもてなしの方法を向上させました。”

– Gene Sloan, USA Today誌Royal Princessレビュー記事より

“放映中のテレビ番組や映画のシンプルで見やすい番組リスト、音楽ステーションや現在地の天気予報や地図などの情報に至るまで、使い勝手が良いですね。このことがより楽しいクルーズの旅にしてくれます。”

– Tom Stieghorst, Travel Weekly誌より

“新しい42インチのインタラクティブテレビにある最新リリース映画も含め無料のエンターテイメントプログラムを特に楽しみました。”

– Ralph Grizzle, The Avid Traveler誌 Royal Princessレビュー記事のExperienceManagerのインルームエンターテイメントシステムより抜粋

Xevoの自動車ソリューション詳細については、こちらをご覧ください。