Xevo Toyota Entune

トヨタ自動車が提供する次世代の運転体験

今日、自動車産業は1つ新しい展開を見せています。消費者は自動車を今までのような“ただの移動手段”として考えるのではなく、“デジタルライフを拡張する手段の1つ”と考えるようになりつつあります。このようなトレンドに合わせ、車内の安全性や利便性に対する消費者のニーズはますます高くなってきており、トヨタをはじめとする各メーカーも、こういった新しい消費者の要望に応えるべく、新たな車内エンターテインメントコンテンツ、情報・通信システムの開発に力を注いでいます。

またこれらのソリューションはどんどんクラウドベースへと移行しており、OTA(over-the-air)アップデートという方式をとることで、ドライバーは自動車を買い替えることなく新しいアプリケーションを使えるようになってきています。

トヨタがXevoのプラットフォーム“Xevo Engine”を採用

Xevo EngineとはGUIに特化したシンクライアント・ソリューションです。GUIを生成するためのレイアウト・アニメーションなどの処理をサーバ側であらかじめコンパイルし、バイトコード化してクライアントに送ることでクライアント側のCPU負荷を大きく抑え、豊かなGUI表現と低リソース・低消費電力を同時に実現します。

車載向けに最適化されたXevo Engineのプラットフォームを採用することで、位置情報や自動車に関連した様々なサービスを快適な操作で利用する事が出来ます。

コネクテッドサービスのアプリケーションはスマートフォンを中心としたサービスですが、自動車メーカーの提供するサービスとの連携により、インターネットから取得した情報のみならず、スマートフォンからもリモートで車の診断をしたりドアロックをするという使い方も可能です。車載器と連動させることで、より安全で快適なカーライフを提供します。

Xevo Engineによって、トヨタはナビシステムと様々なサービスを連携させることが可能となり、ドライバーは車両情報を確認したりサードパーティのアプリを利用して色々なエンタメコンテンツを楽しむことが可能となります。

現在、トヨタのマルチメディアサービス(※北米向け)であるToyota Entune と Lexus EnformにはXevoのXevo Engineが採用されており、ドライバーに豊かな体験を提供しています。

XEVOとのパートナーシップに満足しています。Entune® App Suiteand Enform® アプリケーションスイートのような高度なシステムの開発では、経験や専門知識の豊富なパートナーとの協力が欠かせません。XEVOとのコラボレーションのおかげで、トヨタはお客様に満足いただける乗車体験を提供すると同時に、他社に差をつけることができます。

– 米国トヨタ 車両接続技術企画部副社長 サンディ・ローベンスタイン(Sandy Lobenstein)

チャレンジ

携帯端末の普及とワイヤレスネットワークの高速化によって、自動車産業もみるみる発展を遂げています。今や消費者は「いつでもネットに接続している」状態が普通となり、もちろんそれは運転中でも例外ではありません。自動車メーカーは今、こういった消費者の新たな欲求に直面しているのです。

現在、消費者の間では「アプリ」というスタイルが人気です。ですから今私たちは、自動車においても「アプリ」の世界観を作り上げることを当面の目標としています。様々なアプリの提供によって車内での豊かな体験を実現していきたいと考えているのです。

– Jim Pisz, Corporate Manager, Advanced Technology Department, Toyota Motor Sales, U.S.A. Inc.

結果

Toyota Motor Sales (TMS)とXevoの提携によって、インターネット連携した様々なアプリ(コネクテッドアプリ)を使えるようになる、Entuneという仕組みが誕生しました。

2011年から始まったEntuneのサービスには、人気のあるモバイルアプリや自動車の内部データにアクセスできるようなデータサービスが搭載されています。EntuneにはXevoのXevo Engineが活用されており、便利で簡単なコネクテッドアプリの利用を実現しています。

Xevoのプラットフォームによって、ドライバーは自分のスマートフォンを使い、車内で様々なサービスを利用することが可能になります。

また、音声認識機能や車載デバイスを利用することで、いちいちスマートフォン自体を操作する必要がなくなり、より安全にサービスを利用できます。

ドライバーは各車両情報を管理したりエンターテインメントコンテンツを楽しむことが可能です。例えばMicrosoft’s BingやiHeartRadio、MovieTickets.com、OpenTable、 Pandoraなど。その他にはリアルタイムな交通情報やガソリン価格、天気、株価、スポーツニュースなども配信しています。そしてこれらは無線アップデートされていきますので、いつもまでも陳腐化することがありません。

Xevo Engineによって、サードパーティのソフトとハードのシームレスな連携を実現し、またナビシステムと位置系サービスとの連携も実現しました。これによってトヨタとトヨタ車オーナーは車載コンテンツを自由にカスタマイズできるようになります。

加えて、Toyota Entuneは会話型の音声認識システムを搭載しています。以前のように、たくさんある音声コマンドをいちいち覚える必要がなくなるだけでなく、読み直しなども対応しています。一方でUIは安全が考慮された、ドライバーが運転に集中しやすいデザインとなっています。

Xevo Engineは、車載画面から各デバイスまで横断的にアプリが使えるという複雑な技術設計を採用しており、車内での最高のユーザーエクスペリエンスを提供しています。

Xevoは、完全に接続された新しいコンシューマ体験のトヨタのビジョンを実現することを誇りに思います。

Xevoエンジンの詳細をご覧ください。